ブームは続くよ≪応仁の乱≫

夏休みだと言うのに もう何日、雨が続いているんでしょうか?
遠出をする計画もなかったので、雨模様でも一向に構いませんがw

では、この夏休みいったい何をやっているのかというと今、静かなブームと
なっている?≪応仁の乱≫についての研究。。。(嘘w

以前にも書きましたが、呉座勇一著:≪応仁の乱≫の影響で次から次へと
関連本が発刊され、出版界ではこの時とばかりの大攻勢!(いわゆるバブルw

こちら↓ ≪応仁の乱~下剋上への道~≫
似たような本を何冊も買っているような気もしますが、やっぱり買っちゃいましたw

応仁の乱


そして、こちら↓≪マンガ応仁の乱≫
これも買っちゃいました。(まだ読んでませんがw

応仁の乱マンガ


そして、とどめとばかりにこちら↓ ≪応仁の乱人物ファイル120≫
アマゾンにてご購入。本日届きますw

応仁の乱人物


ここまで来ると、応仁の乱に関しては、歴史の授業が出来るのでは?
と思えるほどの猛勉強ぶり w

何処へ向かっているのか bonbonno ???
いやいや、充実した夏休みを過ごしております。。。(笑



スポンサーサイト
2017/08/16 (Wed) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

なぜ、今、応仁の乱?

前にも書きましたが、なぜか今、応仁の乱がブームなのだそうですw
このブームの火付け役は、呉座勇一 著 ≪応仁の乱≫

この本が、売れに売れて40万部w
このブームに乗っかれ! とこんな本が次々と売り出されることに

まずは、≪歴史リアル 応仁の乱≫

DSC09114 375


そして本日、本屋に行って見つけたのが≪応仁の乱の真実100≫

DSC09117 375


しかしながら、なぜ、今、応仁の乱がブームなのか全くわかりませんw
何といっても主役がいない!
しかも京都を中心に11年も続いた大戦にも関わらず、誰が勝者で
誰が敗者なのかもあやふやなグダグダ感w

でもこの勢いならば、近いうちにNHKの大河ドラマになる可能性もと
淡いきたいを抱きます。。。(花の乱は大コケw

その時の主役は、西軍、畠山義就(はたけやまよしひろ)を推薦しますw



2017/08/05 (Sat) 19:10 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(4)

探していたものw

最近、仏像の話、そっちのけで 本の紹介ばかりしているような気が。。。
今回もまったく反省の色なく 本のお話です w

このところ戦国モノの本にハマッている感じの bonbonno ですが
昔から歴史小説が好きでよく読んでおりました。

当時は、司馬遼太郎の≪国盗り物語≫や≪関ケ原≫、≪夏草の譜≫
などがお気に入りでした。

そんなときに 半村良 の≪戦国自衛隊≫に出会い、当時、今まで読んだ
小説の中で一番面白いと思えた作品でした。

今でも、面白い小説には幾度となく出会ってはいますが「 これは戦国自衛隊 を
超えた!」 と思える傑作には、なかなか出会うことが出来ません。

しかもこの作品、中短編なんです。。。
中短編なのに中身が濃く、なぜ自衛隊が戦国時代にタイムスリップしなけば
ならなかったのか? ラストに明かされるその理由がまた、なるほどと唸らせますw

DSC08776 500


富樫倫太郎の軍配者シリーズ、和田竜の村上海賊の娘を読んでいたら
なぜかもう一度≪戦国自衛隊≫を読み直したくなってしまいましたw

家のどこかに数十年前に買った単行本があったはずなんですが
今から見つけるのは、至難の業。。。

と言うことで、市立図書館で借りてきてしまいましたw


文庫本の表紙、迫力あるなw

さてさて、それでは戦国時代にタイムスリップしてきます。。。



2017/07/03 (Mon) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(4)

爆撃聖徳太子???

駅の本屋で見つけた 町井登志夫 著 : ≪爆撃聖徳太子≫
タイトルが気になり、買ってしまいましたw

DSC08772 500

聖徳太子と言えば、以和為貴(和を以て貴しと為す)で始まる十七条憲法や
冠位十二階の制定で有名ですが、大国 隋に宛てた国書の冒頭に日出処天子
致書日没処天子 と書いて皇帝煬帝を激怒させてというエピソードでも有名です

この本は、その大胆な外交手腕を発揮する聖徳太子が、今までのイメージとは
まったく異なる、まさに帯に書かれている 『上司にしたくない男NO.1』 の変人と
して書かれている作品ですw

歴史小説とも時代小説とも、ましてやSFとも言えない、どうジャンル分けしていいのか
も分からないですけれども、一気に読めてしまった面白い本でした。。。

まあ、好みもあると思いますが、個人的にはこの手の話、好きですw



2017/06/25 (Sun) 16:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

村上海賊の娘

少し前から、本屋に寄るたびに気になっていた本がこちら↓
和田竜 著:村上海賊の娘

DSC08762 500

面白い とは聞いていましたが、北方ワールドが好みの bonbonno
「海賊の娘の話じゃなぁ」 と敬遠していましたが、軍配者シリーズも
読み終えてしまったし、戦国時代にも浸り続けたい気持ちには勝てず
まずは一巻から、読み始めて見たところ、これが面白いw

早速、本日2巻目を購入
しかし、いつもの大人買いはせず、慎重にことを運ぶ bonbonno であったw



2017/06/17 (Sat) 18:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR