爆撃聖徳太子???

駅の本屋で見つけた 町井登志夫 著 : ≪爆撃聖徳太子≫
タイトルが気になり、買ってしまいましたw

DSC08772 500

聖徳太子と言えば、以和為貴(和を以て貴しと為す)で始まる十七条憲法や
冠位十二階の制定で有名ですが、大国 隋に宛てた国書の冒頭に日出処天子
致書日没処天子 と書いて皇帝煬帝を激怒させてというエピソードでも有名です

この本は、その大胆な外交手腕を発揮する聖徳太子が、今までのイメージとは
まったく異なる、まさに帯に書かれている 『上司にしたくない男NO.1』 の変人と
して書かれている作品ですw

歴史小説とも時代小説とも、ましてやSFとも言えない、どうジャンル分けしていいのか
も分からないですけれども、一気に読めてしまった面白い本でした。。。

まあ、好みもあると思いますが、個人的にはこの手の話、好きですw



スポンサーサイト
2017/06/25 (Sun) 16:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

村上海賊の娘

少し前から、本屋に寄るたびに気になっていた本がこちら↓
和田竜 著:村上海賊の娘

DSC08762 500

面白い とは聞いていましたが、北方ワールドが好みの bonbonno
「海賊の娘の話じゃなぁ」 と敬遠していましたが、軍配者シリーズも
読み終えてしまったし、戦国時代にも浸り続けたい気持ちには勝てず
まずは一巻から、読み始めて見たところ、これが面白いw

早速、本日2巻目を購入
しかし、いつもの大人買いはせず、慎重にことを運ぶ bonbonno であったw



2017/06/17 (Sat) 18:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

経済学で読み解く。。。

最近、改めて戦国時代を読み直しています
上念 司:著≪経済で読み解く織田信長≫

DSC08745 500


タイトルにでかでかと織田信長と書かれているので
織田家に関する戦力を経済で読み解く本かと思いきや
足利義満の経済に関するバランス感覚やそれ以降の
室町幕府の経済政策の失敗、などもからめて
『経済』という切り口から室町~戦国を読み解く、といった
趣旨の本、なかなか読み応えありでした。



2017/05/29 (Mon) 19:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

仏教の本も読んでます ~ 座標軸としての仏教学 ~

本を読むペースが更に上がってます (ダイジョウブ?

最近は、歴史モノ、戦国モノが多かったんですが
こんな本も買っちゃいました 勝本華蓮 著 ≪座標軸としての仏教学≫

DSC08743_500.jpg


著者の勝本華蓮さんは、天台宗青蓮院門跡にて得度された
れっきとした尼さんですが、その経歴がとてもユニークで
グラフィック・デザイナーとして広告会社に勤務されていた
経歴の持ち主でもあります。(起業経験もあり

また、勝本華蓮さんのすごいところは、大乗仏教の僧侶(尼さん)で
ありながら、バーリ仏教(上座仏教)を学ばれていて、しかも本書の
ような本格的なバーリ仏教の著書を書かれているという・・・・・・

ほんと才能がある人は、どこまでも才能を発揮しますなw





2017/05/27 (Sat) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

最近、はやってるらしいですw

最近、本屋に行って驚きましたw
なんと、こちらの本 ↓呉座勇一著 ≪応仁の乱≫がベストセラーだそうです。。。

DSC08731 500


応仁の乱といえば、戦国時代への切っ掛けとなった大乱なんですが
いまいち よく分からないというのが、正直なところ。。。

これだけ有名な話なのに小説も少ないですよね
誰を主人公にするのかも悩むところかもしれませんw

また、京都を中心に11年も続いた大戦にも関わらず
どうやって終わったのかもハッキリしないというグダグダ感(笑
きっと小説にまとめるのは難しいのでしょうね。。。


2017/05/19 (Fri) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR