友であったことを、思い出してくれぬか

このところ、読書の話しかネタがない
BUTU ROAD ですが、懲りずに続けますw

魂の沃野・下巻。もちろん著者は北方謙三先生

DSC08287_500.jpg


物語は、戦国時代の加賀
主人公の風谷小十郎忠高、守護職の富樫正親、本願寺と
三つ巴の話に加え、登場人物が多く、人間関係を理解しながら
読むのにページを行ったり来たりの一苦労w

主人公の風谷小十郎は、まったくのフィクションにも関わらず
物語にリアリティがあり、北方ワールドに引き込まれてしまいます

まだ、途中なので誰が、誰に対して
「友であったことを、思い出してくれぬか」 と思うのかも
謎掛けになっていて、さすが 北方先生!
クライマックスに向かって盛り上がってますw


スポンサーサイト
2017/03/19 (Sun) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

死ぬまでは前を見て生きろ!

読書の春は、まだまだ続きますw

ここまでハマッていいのだろうか???
またまた買ってしまいました北方謙三著:魂の沃野

今回の舞台は、百姓の持ちたる国 誕生前夜の加賀!
時代的には室町時代というところでしょうか

主人公は、風谷小十郎忠高!

DSC08268_(2)_500.jpg


何かの記事で読んだのですが、北方先生、日本の歴史ものを
描くのは、これが最後と言っていたような。。。 (いよいよテムジンを描くのか?

そういうスペシャルなものに弱い bonbonno (笑
これはハードブック(単行本)で購入しなければと 即、アマゾン
ちなみにまだ単行本は出ていませんが・・・・・・

帯の『死ぬまでは前を見て生きろ!』が、北方ワールドっぽくて
今から読むのが楽しみw


2017/03/05 (Sun) 15:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

ハマリ続けるw

ハマリ続けています ・・・・・・  北方ワールドw

武王の門、破軍の星、が面白かったので
続いて 悪党の裔 を購入。
早速、読んでます。(今、上巻読み終わりました)

いやーほんと北方先生の描く 漢(おとこ)ってかっこいいな~
今回の悪党の裔の主人公は播磨の悪党、赤松円心

悪党の生きざまを見せつけてくれますw

DSC08236_(2)_500.jpg


しかし、読書三昧の日々が続くなw
そろそろ、ペンタ君も起動しないとカビ生えそうw


2017/02/23 (Thu) 21:15 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(4)

久しぶりの更新 いまさらw

このところブログから逃避? しておりましたが、久しぶりに更新してみますw

とは、言っても仏像の話しではなく、またまた北方謙三の本の話
前回は≪武王の門(上・下巻)≫を紹介しましたが、今回は、≪破軍の星≫

南北朝時代の北畠顕家が主人公なんですが、またがまた、かっこいい!
≪武王の門≫の懐良親王といい≪破軍の星≫の北畠顕家といい
北方先生は漢(おとこ)を書かせたら天下一ですなw

水滸伝も あと八巻読み残ってますし、当分の間、北方ワールドにどっぷりな予感
まだまだ、楽しめそうです。

IMGP5766_500.jpg


ところで、もともとのこのブログのメインテーマ、見仏の話はいつになったら
書き始めるのでしょうか? (チャンチャンw


2017/02/11 (Sat) 17:16 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

北方にはまる!

12月になって初の更新。。。

水滸伝も十一巻を読んでる途中ですが、amazonを見ていたらこんな本が ・・・ ・・・。
Kenzou Kitakata ≪武王の門 上・下≫

武王の門 500


舞台は 日本、南北朝
建武の新政がわずか3年でとん挫し、吉野に逃れた後醍醐天皇の皇子
征西将軍宮 懐良(かねよし)親王が九州を統一する? 物語(なのかな

さすが北方先生、読んでて ほんとに面白い!
年末年始は、北方謙三先生の本に浸り切りますw


2016/12/26 (Mon) 23:11 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR