友であったことを、思い出してくれぬか

このところ、読書の話しかネタがない
BUTU ROAD ですが、懲りずに続けますw

魂の沃野・下巻。もちろん著者は北方謙三先生

DSC08287_500.jpg


物語は、戦国時代の加賀
主人公の風谷小十郎忠高、守護職の富樫正親、本願寺と
三つ巴の話に加え、登場人物が多く、人間関係を理解しながら
読むのにページを行ったり来たりの一苦労w

主人公の風谷小十郎は、まったくのフィクションにも関わらず
物語にリアリティがあり、北方ワールドに引き込まれてしまいます

まだ、途中なので誰が、誰に対して
「友であったことを、思い出してくれぬか」 と思うのかも
謎掛けになっていて、さすが 北方先生!
クライマックスに向かって盛り上がってますw


スポンサーサイト
2017/03/19 (Sun) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(2)

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR