探していたものw

最近、仏像の話、そっちのけで 本の紹介ばかりしているような気が。。。
今回もまったく反省の色なく 本のお話です w

このところ戦国モノの本にハマッている感じの bonbonno ですが
昔から歴史小説が好きでよく読んでおりました。

当時は、司馬遼太郎の≪国盗り物語≫や≪関ケ原≫、≪夏草の譜≫
などがお気に入りでした。

そんなときに 半村良 の≪戦国自衛隊≫に出会い、当時、今まで読んだ
小説の中で一番面白いと思えた作品でした。

今でも、面白い小説には幾度となく出会ってはいますが「 これは戦国自衛隊 を
超えた!」 と思える傑作には、なかなか出会うことが出来ません。

しかもこの作品、中短編なんです。。。
中短編なのに中身が濃く、なぜ自衛隊が戦国時代にタイムスリップしなけば
ならなかったのか? ラストに明かされるその理由がまた、なるほどと唸らせますw

DSC08776 500


富樫倫太郎の軍配者シリーズ、和田竜の村上海賊の娘を読んでいたら
なぜかもう一度≪戦国自衛隊≫を読み直したくなってしまいましたw

家のどこかに数十年前に買った単行本があったはずなんですが
今から見つけるのは、至難の業。。。

と言うことで、市立図書館で借りてきてしまいましたw


文庫本の表紙、迫力あるなw

さてさて、それでは戦国時代にタイムスリップしてきます。。。



スポンサーサイト
2017/07/03 (Mon) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(4)

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR