初心に帰って仏像の話w その4 ~ 降三世明王編 ~

初心に帰って仏像の話のつづき。。。(その4ねw

今回ご紹介いたしますのは≪降三世明王≫さま

三つの顔と八本の腕を持ち、二本の腕が印を結んでいます。
そしてもっとも大きな特長は、ヒンドゥーの神さまシヴァ神とその奥さま
(烏摩妃)を踏んずけちゃってるところです。(おもいっきりw

降三世明王 500
■ 絵はがき(画像加工)

ここで有権者の皆さんに行っておきたいのは・・・ ・・・。(怒り新党 新・三大〇〇調査会風w
降三世の三世は、現在・過去・未来を現し、いつの世でも私たちの煩悩を打ち砕き、
救済して下さると言う ありがたい 明王さまだと言うことなのです。 (すごいなw

- 降三世明王(ごうざんぜみょうおう) -
阿閦如来の化身 東方の守護者
梵名は、トライローキャ・ヴァジュラ
真言は、オン・ソンバ・ニソンバ・ウン・バサラ・ウンパッタ



スポンサーサイト
2015/01/29 (Thu) 01:08 |仏トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR