“大乗非仏説” についてのあるひとつの考察 [2]

Remind ・・・ ・・・

“大乗非仏説” とは、日本に伝わった大乗仏教(13宗派)は、お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)
の教えとは、直接的には関係がない。 と言われるひとつの説。

それでは、前回に引き続き “大乗非仏説” について考えてみたいと思います。
ここで、大乗仏教の成立の経緯についてちょっと触れておきます。

今から約2,500年前のインド・ブッダガヤの菩提樹の下でゴータマ・シッダールタが
悟りを開いたそうな~ (日本昔ばなし風
お釈迦様(ゴータマ・ブッタ)は、この教えを弟子たちに伝えていったそうな~
しかし、この伝承は口伝であり、文字としては残していなかったそうな~ (しつこいw
お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)入滅後、100~200年後に弟子たちが口伝を
取りまとめたものが、スッタニパータやアーガマといった原始仏教の経典になるわけです。

この頃になると教団の規模も大きくなり、お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)の教えの解釈を
巡って対立がおきます。
ひとつは、お釈迦様(ゴータマ・ブッタ)の口伝の通り、修行(瞑想)通じ、自分自身が
悟りを開くことを目指すべきだ!と主張するグループ(上座部)
そして、もうひとつは、自分だけが救われるのではなく、多くの人を救う菩薩行の実践
こそお釈迦様の本当の教えだ!と考えるグループ(大衆部=大乗仏教)とに
分かれてしまいました。これが、≪仏教の根本分裂≫です。

そして月日は流れ、上座部仏教は、インドの南部に伝わり、その教えは東南アジアを
中心に広がっていきました。いわゆる南伝仏教といわれるものです。
アジアの仏教国のスリランカやタイ、ミャンマー、カンボジア、等がそうです。(確かw

一方、大乗仏教は、インドの北部から中央アジア、シルクロードを伝わり中国に至ります。
但し、この伝播の過程でいくつもの経典が創作されます。
例えば「 お釈迦様の教えは、本当は、苦しむ人々を救うものだから、私は悟りを
開けますけども、あえて現世に留まり、人々を救います」という菩薩という存在を
作り上げます。
また、「 この長い、長い(宇宙的な)時間の流れの中では、お釈迦さまだけが、
仏陀(悟りを開いた)になったわけではなく、他にも薬師如来さんや阿弥陀如来さん
というありがたい仏様がいるんだよ」という仏陀以外の信仰の対象を作りました。

これが大乗仏教の概略であり、いわゆる北伝仏教と言われるものです。(概略ねw

日本は、飛鳥時代にこの北伝仏教が経典や仏像とともに伝わったので大乗仏教
が一般的な仏教と理解されるに至ったわけです。

さてさて、話を本題の“大乗非仏説”に戻したいのですが、本日はここまで
続きは、次回ということで 。。。



2017/06/06 (Tue) 01:08 |ながっ!トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

“大乗非仏説” についてのあるひとつの考察 [1]

今回は、以前から気になっていた案件について、書いてみたいと思います。

皆さんは、“大乗非仏説” ってご存知でしょうか?
私も仏像やお寺に興味を持ち始める前は、まったく知らなかったことなんですが
概略を申し上げますと、そもそも今、日本に伝わっている仏教(宗派を問わず)は
お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)の残した教えとは、全く関係ないよ ( フフフ (´艸`*)
という、初めて耳にすれば 「えーーーーっ」 と耳を疑いたくなるようなお話ですw

ということで少しばかり、調べてみると確かにお釈迦様(ゴータマ・ブッタ)が
残した教えと 現在、日本に伝わっている仏教では、大きく異なった解釈が
されているところがあるようです。 (そうなの?w

本題に入る前に、日本に伝わっている仏教について若干のおさらいを ・・・・・・w
一般的に日本の仏教は、13宗派あるといわれています。
・華厳宗 ・法相宗 ・律宗 ・真言宗 ・天台宗 ・日蓮宗 ・浄土宗 ・浄土真宗
・融通念仏宗 ・時宗 ・曹洞宗 ・臨済宗 ・黄檗宗、で13宗派。
そしてすべてが大乗仏教に分類されます。

“大乗非仏説” は、このすべての宗派が、悟りを開いたお釈迦様(ゴータマ・ブッダ)
の教えとは 「関係ないねっ」 (あぶ刑事 柴田恭兵風) といっているのです。
それは、「えーーーーっ」 と叫びたくもなります。 (オレだけかw

“大乗非仏説” の大乗とは、≪大きな乗り物≫という意味だそうです。
「 私たちは、多くの人々を救うことができる大きな乗り物に乗っているんですよ」
という考えの仏教ということでしょうか。

では、逆に多くの人々を救うことのできない小さな乗り物のような仏教とは?
これが、なんとお釈迦様(ゴータマ・ブッタ)の残した教えを指しているのです。
ここでも 「えーーーーっ」 と叫びそうですが。。。(笑

お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)は、生きることは苦(四苦八苦)で、この世に絶対はなく
常に移り変わり(諸行無常)、ものごとは縁起によって起きる(因果応報)という思想を
基に とにかく生きる苦しみから解き放たれるためには修行(瞑想)をして輪廻から
解脱しなさい と教えてきました。(bonbonno流解釈w

また、お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)は、修行に専念するためには、人との繋がりを
少なくし 「お葬式にも関わるな!」  「私(ゴータマ・ブッタ)が死んでも崇拝するな!」
と教えていたみたいです。
もちろん、お経なんか唱えません。 お釈迦様(ゴータマ・ブッダ)の時代に経典は
ありませんから、当然です。 
そもそも、お釈迦様(ゴータマ・ブッタ)は、自身を宗教者と認識していたのでしょうか?
という疑問も持ってしまいます・・・・・・w

では、なぜお釈迦様(ゴータマ・ブッダ)の教えとは違う仏教が現れ、日本に伝わった
のでしょうか?

この話し、長くなりそうなので、本日はここまでw
続きは、次回ということで、ありがとうございました。



2017/06/03 (Sat) 01:08 |ながっ!トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

経済学で読み解く。。。

最近、改めて戦国時代を読み直しています
上念 司:著≪経済で読み解く織田信長≫

DSC08745 500


タイトルにでかでかと織田信長と書かれているので
織田家に関する戦力を経済で読み解く本かと思いきや
足利義満の経済に関するバランス感覚やそれ以降の
室町幕府の経済政策の失敗、などもからめて
『経済』という切り口から室町~戦国を読み解く、といった
趣旨の本、なかなか読み応えありでした。



2017/05/29 (Mon) 19:00 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

仏教の本も読んでます ~ 座標軸としての仏教学 ~

本を読むペースが更に上がってます (ダイジョウブ?

最近は、歴史モノ、戦国モノが多かったんですが
こんな本も買っちゃいました 勝本華蓮 著 ≪座標軸としての仏教学≫

DSC08743_500.jpg


著者の勝本華蓮さんは、天台宗青蓮院門跡にて得度された
れっきとした尼さんですが、その経歴がとてもユニークで
グラフィック・デザイナーとして広告会社に勤務されていた
経歴の持ち主でもあります。(起業経験もあり

また、勝本華蓮さんのすごいところは、大乗仏教の僧侶(尼さん)で
ありながら、バーリ仏教(上座仏教)を学ばれていて、しかも本書の
ような本格的なバーリ仏教の著書を書かれているという・・・・・・

ほんと才能がある人は、どこまでも才能を発揮しますなw





2017/05/27 (Sat) 01:08 |本トーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

長野でのお泊りは 。。。 ~ ホテル メトロポリタン長野 ~

今回の信州お城巡り旅行で宿泊したのが ≪ホテル メトロポリタン長野≫
部屋はこんな感じですw

DSC08701 500


駅前という立地の良さもあり、ネットで予約しました。
※駅前だと飲食店に困らないと思いましてw

部屋も狭くなく、くつろぐことができましたし、スタッフの方も
親切で、なかなか気に入りました。。。

2017/05/25 (Thu) 01:08 |ひとこトーーク |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

bonbonno

Author:bonbonno
見仏的世界観を“ゆる~く”楽しむブログ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR